主 催:公益社団法人日本精神保健福祉士協会
企画・運営:公益社団法人日本精神保健福祉士協会 刑事司法精神保健福祉委員会

<刑事司法福祉ZOOM勉強会>
第3回 「犯罪被害者支援で福祉は何ができるか」 / 2月6日(土)開催

チラシ

第3回開催案内チラシ ダウンロード(PDF/364KB)

本ZOOM勉強会について

   

刑事司法福祉ってなんだろう? 聞きなれない人も多いかもしれませんね。加害者で福祉的支援を必要とする方、被害者で福祉的支援を必要とする方にソーシャルワークにより生活再建を支援する新たな分野です。精神保健福祉士の養成カリキュラムの一つにもなり、現場の私たちも理解が必要になっています。一緒に勉強してみませんか? お申込みをお待ちしています。

日程・講義内容・申し込み締切

回数 日時 講義内容 申し込み締切 終了後のご報告
第1回
【終了】
2020年10月3日(土)
15:00〜16:30
「【刑事】司法に福祉が必要となったわけ」

講師:安田 恵美(國學院大學 法学部 准教授)
2020年9月23日(水) 受講者の感想
Q&A
第2回
【終了】
2020年12月5日(土)
15:00〜16:30
「更生保護に福祉が必要となったわけ」

講師:西崎 勝則(奈良保護観察所、刑事司法精神保健福祉委員会 助言者)
2020年11月25日(水) 受講者の感想
Q&A
第3回 2021年2月6日(土)
15:00〜16:30
「犯罪被害者支援で福祉は何ができるか」

1.犯罪被害者支援の制度 15分
2.被害者が抱える様々な困難(被害当事者の生映像含む) 30分
3.犯罪被害者支援の事例 15分
4.意見交換 10分
5.質疑応答・まとめ 15分
2021年1月31日(日)  

申し込み概要

【対象】

  1. 司法福祉、刑事司法に興味がある本協会構成員

【定員】

  1. 70人(先着順になります)

【参加費】

無料

【参加方法】

Zoomミーティングを使用します。お申し込み後、事務局よりZOOM IDをお送りします。
★講義後にはグループ分けをして、参加者の皆さまでの意見交換の時間を設けます。

【お申込み方法】

  1. 1.下記専用WEBフォームからお申込みください。「構成員マイページ」へログインいただきます。その後のご案内のため、メールアドレスが必須です。フォーム送信後に自動送信される申込内容の控えは保存してください。WEBフォームから申込みいただけない方は事務局までご連絡をお願いします(※@japsw.or.jpのアドレスが受信できるように事前に設定しておいてください)。
  2. 2.定員に達した場合や確認等があった場合には、事務局よりメール又はお電話にてご連絡いたします。

【キャンセル】

  1. お申し込み後のキャンセルは、必ず事務局へご連絡ください。

【勉強会参加にあたってのお願い】

  1. 1.受講にかかる通信料は受講者負担となります。
  2. 2.勉強会当日における受講者側のZoom接続不具合や通信トラブル等について、事務局では対応できません。
  3. 3.講義中は必ずビデオオフ、音声ミュートにてご参加ください。
  4. 4.講義終了後に意見交換のためにグループ分けを行います。意見交換に支障があるため極力途中退席はご遠慮ください。
  5. 5.意見交換の時間にはビデオ、音声をオンにしてご参加ください。
 
  1. 6.参考までに以下のガイドラインを事前にお目通しください。
  2.   「生きづらさを抱えた人々の権利を守るためにSWができること『加害者(犯罪をした人)/被害者(犯罪被害にあった人)のこと知っていますか』(2020年3月31日発行)」 

参加申し込みWEBフォーム

勉強会のお申し込みは、以下のWEBフォームから送信ください。現在、第3回勉強会の参加申し込み受付中です。

※構成員マイページを含む本申込フォームのデータ通信には、SSLを用いた暗号化を行っています。

問い合わせ先

公益社団法人日本精神保健福祉士協会 事務局
〒160-0015 東京都新宿区大京町23番地3 四谷オーキッドビル7階
TEL.03-5366-3152 FAX.03-5366-2993 E-mail:office@japsw.or.jp


公益社団法人日本精神保健福祉士協会トップページ