コラム

社会的復権を語ろう コラム連載「社会的復権について〜私の実践」


 連載にあたって

 2020年度の全国大会・学術集会は札幌で開催されます。「札幌」ときいて「宣言」を思い浮かべる方が本協会には少なくないことでしょう。
あれ、そんなことないですか?

 「何の宣言か知らない」というあなた、本当に構成員ですか。・・・なんてカタいことは言いません。けれど、これから約3週間ごとに更新されるこのページを読んで考えるきっかけにしていただければと思います。

 札幌宣言とは、精神医学ソーシャルワーカーが関与したY問題というできごとをきっかけに、私たちの先輩(現役の方もいらっしゃいますが、年配者が多くなりました・・・)が自分たちのありようを見直し、協会の存在する意味を追究した結果「精神障害者の社会的復権」を協会の目的として1982年に表明したものの通称です。

 それから40年近くを経た2020年に札幌で全国大会が開かれることを契機に、地域生活支援推進委員会と精神医療・権利擁護委員会による権利擁護部合同プロジェクトを立ち上げ、「精神障害者の社会的復権」について現代の課題を改めて考えてみようと思います。既に愛知大会や2019年9月のブロック会議でのアンケート調査をはじめ、各都道府県支部でもこのことについて考える機会の提供が始まっています。

 「精神医学ソーシャルワーカー」はもう古い、これからは「メンタルヘルスのソーシャルワーカー」だという考えは私たちの間にずいぶん浸透してきたように思われます。けれど、精神障害のある人の福祉、その手前の「社会的復権」は既に成し得たといってよいのでしょうか。この言葉のとらえ方は様々で、あまり意識したことがない、意識はしているけど実践していない、言葉として聞いたことがない、など、自分には関係ないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、身近に取り組めることはないでしょうか。WEB連載を通してご一緒に現代の社会的復権の課題について考えられればと思っています。

 合同プロジェクトは、下記のメンバーで話し合いを進め、2020年の札幌大会で取組結果の報告を予定しています。連載をご一読いただきますようお願いいたします。

 公益社団法人日本精神保健福祉士協会 副会長 田村 綾子

 もくじ

No タイトル 執筆者  掲載日(予定含む)
1 第1回 社会的復権について〜私の実践 NEW! 吉澤 浩一 地域生活支援推進委員会 副委員長
相談支援センターくらふと
2019年11月8日 
2   山本 めぐみ 精神医療・権利擁護委員会 副委員長
浅香山病院
2019年11月下旬
3   徳山 勝 地域生活支援推進委員会 委員長
半田市社会福祉協議会 半田市障がい者相談支援センター
2019年12月下旬
4   田村 綾子 担当副会長
聖学院大学
2020年1月上旬
5   金川 洋輔 地域生活支援推進委員会 副委員長
地域生活支援センター サポートセンターきぬた
2020年1月下旬
6   尾形 多佳士 精神医療・権利擁護委員会 担当部長
さっぽろ香雪病院
2020年2月下旬
7   岩尾 貴 精神医療・権利擁護委員会 委員長
朋友会
2020年3月下旬
8   有野 哲章 地域生活支援推進委員会 担当部長
蒼溪会
2020年4月上旬
* 日本精神医学ソーシャル・ワーカー協会宣言(第18回札幌大会)―当面の基本方針について―(1982(昭和57)年6月26日)


 権利擁護部合同プロジェクトのご紹介(部・委員会/会員ページ)


トップページに戻る | もくじに戻る