ビットコインの今後はどうなる?AI予想から将来性や期待できる理由まで徹底解説

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

ビットコイン(BTC)のAI予想は?

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

今後の動向は?

ビットコインを入手したい人は、今後の動向や将来性が気になることが多いでしょう。AIや著名人の予想を知れば、購入の判断材料になります。

本記事は、ビットコイン(BTC)のAI予想から将来性まで徹底解説。また、期待される理由や将来性がない根拠を紹介していますので参考にしてください。

AIによるビットコイン予想|概要

  • ビットコイン(BTC)は価格上昇するとAIが予想を展開
  • 著名人も長期的に価格上昇を予想
  • ビットコインは2024年に半減期を迎える
  • 仮想通貨は規制が厳しくなる可能性もある
  • 機関投資家の約9割が今後10年の市場成長を見込んでいる
  • 世界最高水準の取引環境でBTCを運用するならBybitがおすすめ

最大6,030ドル(約913,915円)もらえる✨

Bybitで口座開設(無料)

 
目次

ビットコイン(BTC)今後の動向を予想

ビットコイン_予想_動向

ここでは、AIと著名人・機関投資家の予想を紹介していきますので、購入の判断材料として参考にしてください。

AIによる予想展開

価格予測サイト「coin price forecast」によると、AI予想展開は下記の通りです。

中間年 年末
2023年 45,363ドル 61,024ドル
2024年 53,904ドル 56,150ドル
2025年 59,892ドル 64,414ドル
2026年 72,696ドル 78,769ドル
2027年 84,646ドル 91,715ドル
2028年 99,219ドル 106,660ドル
2029年 114,044ドル 121,375ドル
2030年 128,658ドル 122,741ドル
2031年 129,239ドル 135,701ドル
2032年 142,129ドル 148,525ドル
2033年 142,160ドル 147,976ドル
2034年 153,766ドル 159,532ドル

現時点でAIの見通しによると、長期的に上昇していくと予想しています。2023年の年末の価格は42,152ドルでしたが、2024年3月21日は68,085ドルまで上昇しています。

10年後の2033年末には約2.5倍にもなると予想されており、将来に期待ができるでしょう。

著名人・機関投資家の予想展開

ビットコインは著名人や機関投資家からも注目されている通貨です。著名人によっても意見にばらつきがあります。

購入の判断材料として参考にしてください。

マックス・カイザー

マックス・カイザーは2023年3月に「ビットコインは一瞬で22万ドルに到達する」とSNSで投稿しました。これから強気相場に変わっていくと予想しています。

ベンジャミン・コーウェン氏

ベンジャミン・コーウェン氏は、2023年にビットコインが「10万ドルに到達する」と予想しています。これはティム・ドレイパーが2023年にビットコインは25万ドルになると発言したことに対して高すぎると述べました。

著名人によって意見はさまざまですが、十分な市場に戻るには時間が掛かるといえます。

ロバート・キヨサキ氏

「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者として有名なロバート・キヨサキ氏はビットコインの価格が2025年までに50万ドルに達する」とツイートしました。米ドルの信頼が崩れはじめていることを示唆しており、仮想通貨に需要が高まり、価格が上昇すると予想しています。

MicroStrategy

マイクロストラテジーは将来「600万ドル」まで価格が値上がりすると期待しています。CEOのMichael Saylor氏は個人でも17,732BTC保有しているとSNS上に投稿しました。

バイナンスによる機関投資家への調査

2023年にBinanceが行った機関投資家を対象とした調査によると、回答者の約63.5%が次の1年間での市場の成長を予想しており、約88%が10年後までの中長期的な市場動向について楽観的な見通しを示しています。

投資家の54%はインフラ分野を最重視しており、仮想通貨市場の安定と市場の拡大に寄与する領域に投資家の関心が注がれていることがわかります。

このように仮想通貨市場の中長期的な見通しは市場全体として堅調であり、技術的な進歩と市場の成熟に関する分野を中心に、機関投資家の期待と信頼を獲得しつつあると言えます。

出典:Institutional Crypto OutlookSurvey

ビットコイン(BTC)の今後が期待される理由

ビットコイン_期待_理由

ここでは、期待される理由を紹介していきますので、購入の検討材料にしてください。

発行枚数に制限がある

ビットコインは発行枚数が「2,100万枚」と制限されています。枚数が制限されると、価値が安定するからです。通貨の発行枚数が多いと、希少性が少なく、価格も上昇しづらいといえます。あらかじめ、発行枚数が制限されている通貨は、需要と供給のバランスがよく、自然と価格が上昇していく傾向があります。

また、発行枚数に制限があると、価格が安定するだけでなく急騰しやすいです。仮想通貨は何かしらの要因で急騰するケースが頻繁に起きます。枚数が制限されていると、注目されたとき需要が急激に増えるため、一気に価格が上昇します。

今後も価格高騰に期待ができるでしょう。

仮想通貨の基軸通貨として認知されている

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨として認知されています。最初に作られた仮想通貨であり、時価総額ランキングも1位に位置しているのが大きな理由です。

例えば、仮想通貨で知っている通貨と言えば、真っ先にビットコインが思いつく人がほとんどといえます。国内取引所でも、海外取引所しかない通貨を購入する際にビットコインを使用する場合が多いです。

今後も、仮想通貨界の基軸通貨として期待がもてます。

通貨を保有している人が多い

仮想通貨取引をしている人でビットコインを保有している人はたくさんいます。国内でも少額から取引することができ、比較的購入しやすいからです。

例えば、コインチェックなら「500円」から購入できます。他の国内取引所でも低い価格で取引が可能です。

取引所名 最少額
Coincheck 500円以上 or 0.005BTC
bitFlyer 0.001BTC
GMOコイン 0.0001BTC
DMM Bitcoin 0.0001BTC

少額からでも購入できるため、初心者でもビットコインを入手する人は多いです。保有者が増えると、大口売りなど下落要因の可能性が低くなるといえます。

ビットコインETFが注目を集めている

ここ数年でビットコインETFに注目が集まっています。ETFはプロの投資家が運用する新たな金融商品です。複数の通貨で構成されており、値動きはビットコインと連動します。仮想通貨の管理をプロに任せられるため、初心者でもおすすめです。

ETFはまだ一部の地域しか承認されていません。それでも2023年6月には、世界最大規模の資産運用会社であるBlackRock社が、ビットコインの現物取引ETFを申請し話題になりました。さらに2023年8月15日には、ジャコビ・アセット・マネジメントによるビットコインETFを上場申請が承認され、ヨーロッパでもビットコイン現物ETFが可能になりました。

決済手段として幅広くサービスに活用できる

ビットコインは国内外でも決済手段として幅広くサービスに活用されています。サービスが普及すれば、需要も増加し、価格上昇に繋がるからです。

決済手段としてサービスを展開している企業は下記の通り挙げられます。

ビットコイン利用できるサービス

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • メガネスーパー
  • LINE
  • メルカリ

上記以外でも決済手段として利用できるサービスは増えています。フリマアプリで有名な「メルカリ」も2023年に参入を開始しました。今後も仮想通貨を使用したサービスが普及拡大していくことが期待できます。

法定通貨として国が承認している

ビットコインを法定通貨として国が承認しています。法定通貨として導入されると、通貨の信頼度が高まる可能性が高いからです。

例えば、エルサルバドルでは2021年にビットコインを法定通貨として承認しました。仮想通貨は国境を持たない通貨です。円やドルなどを海外に送金する際は、為替や手数料などが発生します。仮想通貨を使用すれば、手数料が抑えられ、どこでも利用できるのが魅力です。

また、仮想通貨を導入することで、国民のデジタルリテラシー向上にも繋がります。今後も承認する国が増えてくる可能性が高いです。

2024年に半減期を迎える

ビットコインは2024年に半減期を迎えます。半減期とは、発行枚数を減らして、通貨価値をコントロールするために必要です。

例えば、発行枚数が増え続けると、希少価値が薄れて、価格も下落します。そのため、半減期は発行枚数を半分に減らし、希少性を高めます。希少価値が上がれば、価格が上昇する可能性も高いです。

ビットコインは4年に1度半減期を迎えています。前回2020年では、数週間価格が下落しました。その後は上昇傾向になり、年末には価格が2倍に高騰しています。今回の半減期でも価格上昇が期待され、多くの投資家から注目されています。

ビットコイン(BTC)は将来性がないと判断される理由

ビットコイン_将来がない_理由

ビットコインは将来性を期待されていますが、反対意見も多いです。ここでは、将来性がないと判断される理由を紹介していきますので参考にしてください。

価格が不安定な部分がある

仮想通貨はまだまだ価格に不安定な部分が多いです。保有していても価値が半減する恐れがあります。

例えば、購入した数時間後に価格が半値になるのは、仮想通貨にはよくあることです。ビットコインも他の通貨ほどではありませんが、大きな暴落があります。そのため、なかなか仮想通貨の普及が拡大しません。

テザー(USDT)など法定通貨と連動するペッグ通貨も増えてきます。しかし、まだまだ価格が不安定なので、実用的に使用する人は少ないです。価格が安定しない限り、将来性がないと判断されても不思議ではありません。

仮想通貨市場が衰退しているから

2022年から仮想通貨市場が衰退しています。市場が衰退し続けると、仮想通貨の需要もなくなり、価値がなくなる危険性が高いです。

仮想通貨市場が衰退している大きな理由は下記の通り挙げられます。

仮想通貨市場衰退する主な理由

  • FTXの破綻
  • アメリカ政府の金融緩和の引き締め
  • TerraUSD(UST)の暴落

海外大手取引FTXの破綻は仮想通貨市場に大きな打撃を与えました。この事件で多くの投資家たちが資産を失い、仮想通貨に対しての信用不安が広がったといえます。

また、アメリカ政府の金融緩和引き締めやTerraUSD(UST)の暴落など、市場を衰退させる出来事が相次いでおき、ビットコインも引きずられて下落しました。仮想通貨に対しての信用度を回復しない限り、将来性がないと判断される可能性があります。

著名人の影響力が強いから

ビットコインをはじめ、仮想通貨は著名人からの影響を受けやすいです。何気ない発言が価格を変動させるため、保有者は不安になります。

例えば、テスラCEOのイーロン・マスク氏のツイートです。2021年5月にテスラが環境負荷を理由に「ビットコインを使用したEVの購入を一時的に停止」する方針を投稿しました。その影響を受けビットコインは下落しています。

2021年7月には、ビットコインを保有していることを投稿し、価格が市場最高値まで急騰しました。たった一人の著名人の発言で乱高下するため、投資家には不安材料です。もし、彼がマイナスの発言をすれば、価格が下落する可能性があります。

ハッカーなどの標的になりやすい

ビットコインは、ハッカーなどの標的になりやすいです。過去にも何度もハッキング被害を受け、流出する事件が起きています。

例えば、2014年に超大手取引所の「Mt.GOX(マウントゴックス)」がハッキングの被害を受けました。大量のビットコインが流出し、被害額が約470億円といわれています。この事件でマウントゴックスは膨大な負債額と大きな打撃を受け経営破綻に陥りました。

ビットコイン自体はセキュリティが強く、ハッキングされにくい通貨です。しかし、取り扱う人や取引所のセキュリティが弱いと狙われやすいといえます。

規制が厳しくなる可能性がある

仮想通貨の流通が拡大する中で規制が厳しくなる可能性があります。規制が厳しくなれば、仮想通貨の利便性が悪くなり、需要が減少するからです。

例えば、日本の仮想通貨取引所は金融庁からの認可が必要だったり、レバレッジ取引が最大2倍までだったりと規制されています。規制は各国によって異なり、ルールもさまざまです。アメリカはFTX破綻の件もあり、近年で仮想通貨の規制を強化していくでしょう。

ビットコインなど通貨の規制は市場に大きな打撃を与えます。規制の情報はニュースなどで確認しておきましょう。

スケーラビリティ問題を抱えている

ビットコインは技術面でまだまだ問題を抱えています。スケーラビリティはビットコインにとって大きな課題です。

スケーラビリティとは、1つのブロックに書き込めるデータが限られており、制限を超えると処理速度が遅くなり、手数料も高くなります。送金が遅れるなど、仮想通貨本来の魅力を失う可能性が高いです。

この課題が改善されないと、将来に対しての不安材料になります。

ビットコイン(BTC)を購入におすすめ海外取引所3選

ビットコイン_購入_おすすめ_取引所

現在、ほとんどの仮想通貨取引所でビットコインの取扱いがあります。どこで購入したらいいのか迷う人も少なくありません。

ここでは、購入におすすめの海外取引所を3つ紹介しますので、参考にしてください。

Bybit(バイビット)

取引所名 Bybit(バイビット)
取扱銘柄数 1,000種類以上(2024年3月現在)
最大レバレッジ 100倍
日本語対応 あり
スマホアプリ あり

バイビットは世界160カ国でサービスを展開しており、1000万人以上のユーザーが登録している大手取引所です。1,000種類以上の仮想通貨を取り扱っており、レバレッジ取引も最大100倍で取引できます。

日本語に完全対応しており、充実したカスタマーサポート体制なので、初心者でも安心です。

おすすめポイント

  • 日本語完全対応
  • 充実したカスタマーサポート体制
  • レバレッジ100倍
  • 強固なセキュリティ対策
  • 世界トップレベルの流動性

最大6,030ドル(約913,915円)もらえる✨

Bybitで口座開設(無料)

 

MEXC(MXC)

mexc-logo

取引所名 MEXC
取扱い銘柄 1,900種類以上(2024年3月現在)
最大レバレッジ 200倍
日本語対応 あり
スマホアプリ あり

シンガポールを拠点に世界170カ国でサービスを展開しており、登録ユーザー数も1,000万人以上です。取扱銘柄数も1,900種類以上もあり、レバレッジ取引も最大200倍まで取引できます。

MEXCで独自発行している「MX」トークンを保有すれば、取引手数料割引やエアドロップに参加できるなどの特典が獲得できます。スマホアプリもあり、日本語対応しているので、海外取引所を利用したいと考えている人にはおすすめの取引所です。

おすすめポイント

  • 取扱銘柄が1,900種類以上
  • 最大レバレッジが200倍
  • 日本人専用コミュニティがある
  • 独自通貨で取引手数料割引

最大1,105USDT(約16万円相当)もらえる✨

MEXCで口座開設(無料)

  

KuCoin(クーコイン)

kucoin

取引所名 KuCoin(クーコイン)
取扱い銘柄 750種類以上(2024年3月現在)
最大レバレッジ 100倍
日本語対応 あり
スマホアプリ あり

クーコインは、香港を拠点にしており、登録ユーザー数も2,000万人を超える大手取引所です。

750種類以上の仮想通貨を取り扱っています。最大レバレッジも100倍まで取引できるので、国内取引所よりも大きな取引ができます。独自通貨の「KCS」を保有すれば、取引手数料割引や配当を受け取れるなどの特典が豊富です。

公式サイトやスマホアプリも日本語表記なので、英語が苦手な人でも安心して利用できます。

おすすめポイント

  • 取扱銘柄数が750種類以上
  • 最大レバレッジが100倍
  • 日本語が対応している
  • 独自通貨「KCS」の保有特典が豊富

ビットコイン(BTC)今後の予想についてQ&A

ビットコイン_予想_質問

ここでは、ビットコインの今後についてよくある質問を紹介していきますので参考にしてください。

ビットコインの10年後はどうなっていますか?

AIによると10年後の2033年末には「147,976ドル」になると予想されています。

ただ、あくまで予想なので外れる可能性はあります。購入する際は、あくまで参考材料として使用してください。投資は自己責任で行うことを頭に入れておきましょう。

ビットコインは今買うべきですか?

2023年3月の価格は、1年前と比較して半値近く価格が下落しています。2024年には半減期を迎えるため、価格が上昇する可能性もあります。

実際、2023年の年末の価格は42,152ドルでしたが、2024年3月には71,482ドルまで上昇しています。上昇トレンドなので、長期投資で考えれば買いどきと言えるでしょう。

ビットコインに将来性はありますか?

ビットコインは将来性があります。仮想通貨の基軸通貨として認知されており、決済手段としてサービス活用されています。

発行枚数にも上限があるため、需要が増えれば自然に価格が上昇する仕組みになっています。多くの著名人や機関投資家も長期的に上昇すると予想しています。

AIによるビットコインの予想

ビットコイン_予想_AI_まとめ

AIによるビットコイン予想|概要

  • ビットコイン(BTC)は価格上昇するとAIが予想を展開
  • 著名人も長期的に価格上昇を予想
  • ビットコインは2024年に半減期を迎える
  • 仮想通貨は規制が厳しくなる可能性もある
  • 機関投資家の約9割が今後10年の市場成長を見込んでいる
  • 世界最高水準の取引環境でBTCを運用するならBybitがおすすめ

最大6,030ドル(約913,915円)もらえる✨

Bybitで口座開設(無料)

 

今回はビットコインのAI予想から将来性を解説してきました。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨として認知されており、今後の動向や将来性に注目している著名人が多数存在します。AIも著名人も予想はバラバラですが、将来的に価格が上昇すると見通しています。

2024年には半減期を迎えるため、価格が上昇する可能性は高いです。ハッカーの標的になりやすかったり、著名人の発言で影響を受けたりします。ビットコインを入手したい人は、今後の動向に注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次