海外仮想通貨FX取引所を最大レバレッジで徹底比較!おすすめ取引所9選

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

仮想通貨海外取引所で一番高いレバレッジをかけられるのはどこ?

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

わざわざ海外取引所を使ってまで高レバレッジトレードをするメリットはある?

日本の仮想通貨取引所でも仮想通貨レバレッジ取引を提供しているところはありますが上限が2倍に定められているため、高倍率のレバレッジを設定できる海外の仮想通貨取引所を使う方は少なくありません。

高いレバレッジをかけてトレードすれば少ない掛け金でも大規模な利益を期待できますが、高レバレッジトレードにはハイリスクハイリターンのイメージが付き物。しかし、プロトレーダーの多くは適切なリスク管理の上でハイレバレッジを使いこなし、高い収益率を叩き出しています

この記事では、海外仮想通貨取引所でレバレッジトレードに挑戦したい方のために、レバレッジ倍率の観点でおすすめな海外仮想通貨取引所を紹介します。国外の業者で高レバレッジ取引を行うメリットについても解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

併せて読みたい

海外仮想通貨取引所の総合ランキングはこちらの記事で詳しく解説しています。
投稿が見つかりません。

海外仮想通貨取引所レバレッジ取引|要約

  • 海外取引所では国内取引所に比べて高いレバレッジをかけ取引できる
  • 国内業者にないゼロカットシステム採用により借金リスクが限定的
  • レバレッジ倍率で選ぶなら最大1,000倍の「FXGT」がおすすめ
  • 取引所選びでは手数料の安さや取扱通貨の豊富さも考慮するのがおすすめ
  • 総合的に見て最もおすすめな取引所はBybit(バイビット)
  • 最大レバレッジ100倍で、手数料が業界最低水準&日本語完全対応

目次

仮想通貨海外取引所の最大レバレッジを一覧で比較

仮想通貨海外取引所 最大レバレッジを比較

仮想通貨海外取引所の最大レバレッジを表にまとめました。

海外取引所 最大レバレッジ 詳細
FXGT 1000倍 詳細
CryptoGT 500倍 詳細
MEXC 125倍 詳細
OKEx 125倍 詳細
Bybit 100倍 詳細
Phemex 100倍 詳細
Zoomex 100倍 詳細
Gate.io 100倍 詳細
Bitfinex 3.3倍 詳細
POLONIEX 2.5倍 詳細
【新規登録停止中】Bitterz 888倍 詳細
【新規登録停止中】Binance 150倍 詳細
【新規登録停止中】FTX 2倍 詳細
【新規登録停止中】BaseFEX 100倍 詳細

最大レバレッジが1000倍のFXGTが非常に目立ちますね。

仮想通貨国内取引所では最大2倍までしかレバレッジをかけられませんが、海外取引所を利用することでより高いレバレッジをかけた取引が可能です。

海外仮想通貨取引所最大レバレッジランキング

仮想通貨海外取引所 最大レバレッジランキング

上記の取引所を最大レバレッジ順に、仮想通貨海外取引所ごとの詳細を見ていきましょう。

最大レバレッジ1000倍|FXGT

FXGT トップページ

FXGTの基本データ
最大レバレッジ 1000倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:スプレッドのみ
入出金コスト:0円
レバレッジ対応通貨 53ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 360 Degrees Markets Ltd

 

FXGTは最大レバレッジ1000倍と業界トップクラスの高いレバレッジで取引することができます。

FXGTの特徴

  • 最大レバレッジは業界水準トップクラスの1000倍
  • 口座タイプは6種類から選べ、使い分けることができる
  • アプリMT5で取引
  • ボーナス・キャンペーンが豊富

ミニ口座、スタンダード+口座、Crypto Max口座、PRO口座、ECN口座の6種類から用途に応じた口座を選択することができます。

資産の分散管理や最大100万ユーロの賠償保証などセキュリティ対策も充実しており、日本語対応でサポートも充実しているため初心者の方も安心して利用できます。仮想通貨以外に先物や株価指数の取引に対応している点も特徴の1つです。

おすすめなトレーダー

  • 高いレバレッジをかけて取引したい方
  • 口座を使い分けて運用したい方

最大レバレッジ500倍|CryptoGT

CRYPTO GT トップページ

CryptoGTの基本データ
最大レバレッジ 500倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:スプレッド0.1~0.5%
入出金コスト:0円
レバレッジ対応通貨 60ペア以上
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Hatio Ltd.

CryptoGTは、2018年に設立されたキプロスに本拠地を持つ海外仮想通貨取引所です。仮想通貨FXに力を入れていきたいという方針により500倍まで最大倍率が引き上げられています

CryptoGTの特徴

  • レバレッジ最大倍率500倍
  • サイトが見やすく日本語翻訳の完成度が高い
  • 最新のMT5で仮想通貨FXができる
  • EAやスキャルピングが利用できる

国内ではまず不可能な500倍のレバレッジをかけた仮想通貨トレードが楽しめます。自動売買が許可されているため、EAプログラムを利用できるMT5との組み合わせが良好です。

仮想通貨取引所では珍しくスキャルピングトレードが許されている点もユーザーから好評を得ています。サイトにある大半のページを日本語に切り替えられるため初心者の方も戸惑いにくい取引環境と言えます。

おすすめなトレーダー

  • トレーダー人気の高い海外仮想通貨業者を利用したい方
  • スキャルピングやEAを許可している業者を利用したい方

最大レバレッジ125倍|MEXC(MXC)

MEXC(MXC)

MEXC(MXC)の基本データ
最大レバレッジ 125倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:一律0.2%
入出金コスト:0.0005BTC
レバレッジ対応通貨 319ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 MEXC(MXC)

MEXC(MXC)はアメリカやカナダ、オーストラリアなどの国で暗号資産取引のライセンスを受けているセーシェルの仮想通貨取扱所です。

レバレッジトレードはもちろんのこと、現物トレードにも対応しているため現物を保有したいトレーダーから人気があります。

MEXC(MXC)の特徴

  • アルトコインを数多く取り扱っている
  • 日本人トレーダーには特にIEOが注目されている
  • エアドロップに関するお得なキャンペーンも多い
  • 日本語に対応している

MEXC(MXC)はアルトコインの取り扱い数の多さで他社との差別化を図っています。新興通貨の上場に積極的で、MEXC(MXC)でしか取引できない銘柄も多数あり、エアドロップなどで無料に手に入れる機会も提供されています。

おすすめなトレーダー

  • 仮想通貨FXだけでなくIEOにも参加したい方
  • 普通の業者では扱っていない仮想通貨にも興味がある方

最大レバレッジ100倍|Bybit

バイビット ロゴ

Bybitの基本データ
最大レバレッジ 100倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:-0.025%~0.075%
入出金コスト:0.0005BTC
レバレッジ対応通貨 311ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Bybit Fintech Limited

Bybitは2018年にシンガポールで誕生した比較的新しい仮想通貨取引所で、2022年4月からは拠点をドバイに移転しています。

質の高い仮想通貨が次々と上場しており、現物取引では526通貨に対応しています。

Bybitの特徴

  • BTC/USDとETH/USDTなら最大100倍のレバレッジがかけられる
  • メイカーになれば手数料がもらえる
  • 口座を作る時に身分証明書の提出が必要ない
  • サーバーダウンが起こりづらい

Bybitの基本的な最大レバレッジは50倍程度ですが、USDTとビットコイン・イーサリアムのそれぞれのペアに限っては100倍までレバレッジを設定できます。

資金調達率によっては取引所でメイカー注文を出した場合、手数料を受け取れるマイナス手数料を採用している点も人気の秘訣です

口コミではBybitのサーバーのスペックが高いとの声が挙がっており、実際に利用してみても他の業者に比べてサーバーダウンの発生率が比較的低いことが実感できます。

おすすめなトレーダー

  • ビットコインやイーサリアムで100倍のレバレッジトレードをしたい方
  • メイカー取引のマイナス手数料を活用したい方

最大レバレッジ100倍|Zoomex

Zoomexの基本データ
最大レバレッジ 100倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:0.02%~0.06%
入金コスト:なし
出金コスト:0.0005 BTC
レバレッジ対応通貨 170ペア以上
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Octochain Fintech Limited.

Zoomexは最大レバレッジ100倍で取引することができます。

手数料も業界最安値レベルで取引できる点に加えて、日本人向けのマーケティングに力を入れているのが特徴です。

Zoomexの特徴

  • 最大レバレッジ100倍とハイレバレッジ取引できる
  • 日本人向けのサイトが作られている
  • スマホアプリも操作性が高い
  • 日本人向けのキャンペーンが豊富

Zoomexは日本人専用のサイトが作られており、日本人タレントの河北麻友子さんをイメージキャラクターとして起用しています。スマホアプリの日本語対応も高品質なため、国内取引所と同様の感覚で取引できる取引所です。

おすすめなトレーダー

  • 日本語対応で安心して利用したい方
  • 手数料を抑えて取引したい方

最大レバレッジ100倍|Gate.io

gate/io ロゴ

Zoomexの基本データ
最大レバレッジ 100倍(日本人はレバレッジ取引不可)
レバレッジ取引手数料 取引手数料:0.2%
入金コスト:なし
出金コスト:0%+0.001 BTC
レバレッジ対応通貨 170ペア以上
ゼロカット保証 あり(日本人はレバレッジ取引不可)
追証請求 なし(日本人はレバレッジ取引不可)
日本語対応
運営企業 Gate Technology Inc.

世界トップクラスの1,725もの仮想通貨が取引可能な取引所として知られているGate.io。

Gate.ioは入出金のコストが非常に低いのが特徴です。

Gate.ioの特徴

  • 入出金コストが低い
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • コピートレードが可能
  • 独自通貨がある

一方で、日本やアメリカ・カナダでは最大100倍のレバレッジをかけた取引ができず、取引方法は現物取引に限定されています。

また、すべてのページが日本語に対応しているわけではないので注意が必要です。

おすすめなトレーダー

  • 現物取引でコピートレードをしたい人
  • コストを抑えて取引したい方

最大レバレッジ100倍|Phemex

Phemex ロゴ

Phemexの基本データ
最大レバレッジ 100倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:0.025%~0.075%
入金コスト:なし
出金コスト:なし
レバレッジ対応通貨 7ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応
運営企業 Phemex Financial Pte. Ltd

 

Phemexはモルガンスタンレーの元幹部によって2019年に立ち上げられた海外取引所です。

Phemexでは最大レバレッジ100倍で取引することができます。

Phemexの特徴

  • サブアカウントを簡単に作成できる
  • セキュリティの評価が高い
  • プレミアム会員になれば手数料無料

Phemexではサブアカウントを作成することができ、戦略ごとに口座を使い分けることができます。また、プレミアム会員になると手数料無料で取引できます。取引や友達の招待、会員費の支払いによって、プレミアム会員になることが可能です。

おすすめなトレーダー

  • サブアカウントを作成して口座を使い分けたい方
  • プレミアム会員になり手数料無料で取引する方がお得な方

最大レバレッジ3.3倍|Bitfinex

Bitfinexの基本データ
最大レバレッジ 3.3倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:0.02%~0.2%
入金コスト:なし
出金コスト:0.0004 BTC
レバレッジ対応通貨 269ペア
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応 ×
運営企業 iFinex Inc.

 

老舗仮想通貨取引所として知られるBitfinexは2012年の冬に英領バージン諸島で誕生し、その後香港に拠点を移しています。

歴史が長いだけありハッキングの被害を受けた過去も存在していますが、現在はその経験を活かして隙のないセキュリティ体制を実現しています

最大レバレッジは3.3倍と、ここまで紹介してきた海外取引所の中では低めですが、一部の認定ユーザーに対しては最大10倍のレバレッジ取引が可能なオプションが設定されています。

Bitfinexの特徴

  • ビットコイントレーダーが多いため注文が通りやすい
  • 高レバレッジ取引の経験がない方は3.3倍ぐらいがちょうど良い
  • 日本語未対応だが中学レベルの英語が分かれば問題ない
  • 入金可能通貨に日本円も含まれている

Bitfinexはビットコインの取引量が特に多い業者で、高い流動性が担保されています。日本語に未対応な点が欠点ですが日本円をそのまま入金できるなど、魅力的な特徴もあります。

おすすめなトレーダー

  • ビットコインで仮想通貨取引を行いたい方
  • 英語が多少わかる方

最大レバレッジ2.5倍|Poloniex

Poloniex

Poloniexの基本データ
最大レバレッジ 2.5倍
レバレッジ取引手数料 取引手数料:0.01%~0.155%
入出金コスト:0.0005BTC
レバレッジ対応通貨 200ペア以上
ゼロカット保証 あり
追証請求 なし
日本語対応 ×
運営企業 Polo Digital Assets, Ltd.

 

ビットコイン以外にも200種類以上の仮想通貨を取り扱っているPoloniexは、アメリカはサンフランシスコにて2014年に登場しました。

設立当初は仮想通貨6,000万円分の盗難を経験したこともありますが、その後はコールドウォレットや二段階認証によって十分なセキュリティ対策を施しています

Poloniexの特徴

  • アルトコインによる仮想通貨取引も頻繁に行われている
  • 貸仮想通貨サービスが利用できる
  • 日本円入金や日本語によるサポートは利用できない
  • ハッキング対策はされているがマイナスイメージが拭いきれない

草コインも多数取り扱っているのでトレードの選択肢がかなり広がります。通常の貸仮想通貨(レンディング)によって利益を狙うこともできます

貸仮想通貨とは?

第三者に自分が保有している仮想通貨を貸し出して、貸している間利息によって利益を得る仕組みのこと。

日本語対応が不十分なことや安全性でマイナスイメージを持たれている事実は否めませんが、一方で魅力的な部分も多数持ち合わせているのです。

おすすめなトレーダー

  • 知名度の低いアルトコインでレバレッジ取引をしたい方
  • 貸仮想通貨サービスを利用してみたい方

 

海外仮想通貨取引所を最大レバレッジ重視で選ぶ際のポイント

仮想通貨海外取引所 レバレッジ重視で選ぶポイント

日本から飛び出して仮想通貨取引所を探してみると、実に多くの取引所を見つけることができます。

多々ある海外業者の中からレバレッジ倍率が高く、安心して利用できる取引所を探し出す時に注目するべきなのは、以下の4つのポイントです。

レバレッジ倍率の高さで選ぶ時のポイント

  1. 最大レバレッジの適用条件は厳しくないか
  2. 取引できる通貨の種類は十分か
  3. レバレッジ取引手数料は高すぎないか
  4. ゼロカットシステムがあるか
  5. ハッキング対策などは甘すぎないか

最大レバレッジの適用条件は厳しくないか

一番大きなレバレッジ倍率がどんな時でも無条件で適用されるわけではありません

たとえば最大レバレッジ100倍と宣伝している業者でも、実際は100倍で取引できるのが特定の通貨だけだったり、口座残高が増えてくるとレバレッジの最大倍率が50倍まで減ってしまったりする業者も存在しています。

そのことを知らないままいざ取引をしようとした時に最大レバレッジを選ぶことができず、困ってしまうトレーダーの方も少なくありません。

取引所選びの際には最大レバレッジをチェックしつつ、最大レバレッジが適用される条件に付いても合わせて確認しておくようにしましょう。

取引できる通貨の種類は十分か

高い倍率で仮想通貨FXができる業者を見つけたとしても、自分が取引に使いたいと思っている通貨を扱っていないケースもありますので注意が必要です。

仮想通貨の種類はたくさんありますので、まずはトレードしてみたい通貨候補をいくつか決めておきましょう。

その上で海外の仮想通貨取引所を探し、お目当ての通貨を取り扱っている業者で口座を開設すれば問題は起こりません。

なかなか事前に取引したい通貨を決められないという方は、アルトコインを含む仮想通貨銘柄を多く取り扱っている業者を利用しておくのが無難です。

レバレッジ取引手数料は高すぎないか

多くの利益を稼ぐ目的で最大レバレッジが大きな取引所を探しているのなら、レバレッジ取引手数料がなるべくかからない業者をチョイスするべきです。

レバレッジ取引手数料には、一般的に以下のようなものが含まれます。

【仮想通貨トレードを行うために支払うべきコスト】

  • 取引手数料(メイカー・テイカー手数料)
  • レバレッジ手数料
  • スプレッド
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 送金手数料

国内であれ国外であれ仮想通貨取引所はどこもユーザーから手数料をもらって、運営資金の足しにしています。

なので、すべてのレバレッジ取引手数料をゼロにできる取引所は、残念ながら存在しません。

とはいえ、ユーザーファーストのサービスを展開している業者は、一部の手数料を無料にしていたり、非常に安く設定していたりするので、なるべくそのような業者を探すようにしましょう。

ゼロカットシステムがあるか

トレーダーが出した損失を仮想通貨取引所が負担してくれるシステムゼロカットシステムと呼びます。

ゼロカットシステムがあることで、仮想通貨相場が急変してロスカットに間に合わなかった場合に、本来発生する損失を取引所が補填してくれます。

高いレバレッジをかけられる海外取引所ならではのセーフティーネットですが、ゼロカットがないと気づかない間に損失が拡大してしまうため、ゼロカットシステムのある取引所を選びましょう。

ハッキング対策などは甘すぎないか

安全性の高い取引所を探すときは、業者単位で行っているハッキング対策の強さに注目するべきです。

仮想通貨は常にハッキングの脅威にさらされています。

特に海外の取引所を利用する場合は金融庁のライセンスを取得している業者が少なくなってくるので、慎重に業者選びを進める必要があるのです。

国外の仮想通貨取引を使うなら、少なくとも以下の対策をしっかりと施している業者を選んだ方が良いでしょう。

仮想通貨を守るための主なセキュリティ

  • ログイン時の二段階認証
  • ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けている
  • マルチシグネチャを採用している
  • 万が一の時の盗難補償がしっかりしている

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引のメリット

仮想通貨海外取引所 レバレッジ メリット

海外の仮想通貨取引所でレバレッジ取引を行うと、以下のように様々なメリットがあります。

外国業者でレバレッジ取引をする利点

  1. 国内の基準よりはるかに高い倍率でトレードできる
  2. メジャーな仮想通貨以外の種類も豊富
  3. ゼロカットによる資金保証がある
  4. 取引量が多く流動性の高さに期待できる
  5. 面倒な手続き不要で口座を作れる業者が多い

国内の基準よりはるかに高い倍率でトレードできる

海外は日本に比べてレバレッジ制限が厳しくないため、時間帯効果の面で海外取引所が有利と言えます。

日本で高レバレッジトレードができるとして有名なGMOコインやDMM Bitcoinでもレバレッジ倍率は2倍が上限です。

一方、海外仮想通貨取引所では多い場合は1000倍までのレバレッジに対応しているため、高レバレッジ取引がしたいのなら海外業者を使ったほうが圧倒的に有利と言えます。

メジャーな仮想通貨以外の種類も豊富

国外の仮想通貨業者では、ビットコインや人気のあるアルトコイン以外にも様々な仮想通貨を取り扱っています。

草コインのような将来性に期待できる銘柄を取り扱っている業者もあるので、国外業者でレバレッジ取引を行う方がトレードの幅がより広がるのです。

ゼロカットによる資金保証がある

海外取引所独自の特徴と言えるのが、ゼロカット機能です。

ゼロカットシステムはレバレッジ取引で発生するロスカット(損失)が拡大するのを防ぐ安全策。ゼロカットシステムを採用している業者を利用すれば、万が一ロスカットが発生しても証拠金以上の追証を発生させずにすみます

国内取引所では提供できない機能であるため、損失が拡大するリスクを防ぎたい方にとって大きな魅力と言えます。

取引量が多く流動性の高さに期待できる

仮想通貨取引所の利用者数は国内業者よりも海外業者のほうが多いため、必然的に通貨の取引量も海外業者の方が多くなります。

十分な取引量がない状態でトレードしようとしても、発注や決済が行われるまでに時間がかかる場合が多くなります。

世界中のトレーダーが通貨を売買を行っている海外取引所のほうが、よりスムーズに取引を行えるのです。

面倒な手続き不要で口座を作れる業者が多い

海外取引所すべてに該当するわけではありませんが、一部の取引所では本人確認の手続きなどせずに口座を開設できます

口座作成のために本人確認書類の提出や審査が必要になると、少なくとも2~3営業日以上は待たされるのが通常です。

電話番号メールアドレスを入力するだけで取引が始められる業者であれば、その日のうちに取引を始めることができるため時間の節約になります。

取引所によっては手数料を受け取れる

取引所によっては資金調達料が設定されており、取引ポジションを保有していると手数料が発生します。

資金調達料は実際の価格との乖離を防ぐために、無期限のデリバティブ取引で発生するよう設定されています。

手数料のやり取りはロングポジションとショートポジションの保有者の間で行われ、どちらか一方は手数料を受け取ることができます。

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引のデメリット

仮想通貨海外取引所 レバレッジ取引 デメリット

海外の仮想通貨取引所で行うレバレッジ取引には、次のようなデメリットもあります。

外国業者でレバレッジ取引をする欠点

  1. 稼ぎやすい分損失が膨らむのも早い
  2. 日本語対応が不十分な業者も多い
  3. レバレッジ手数料が別途かかることがある

稼ぎやすい分損失が膨らむのも早い

高いレバレッジをかけてトレードを行うと、レートが少し変動するだけで利益か損失が一気に膨らみます。

得をする方向にレートが動けば問題はありませんが、損をする方向に動いた場合は損失額が膨らみロスカット水準に達する恐れがあるので注意が必要です。

日本語対応が不十分な業者も多い

海外業者の中には日本語に対応していないところも多くあります。

英語や中国語が話せる方は業者選びの選択肢が広がるでしょう。しかし、日本語しか分からないという方は一部の日本語に完全対応している取引所から利用する業者を選ぶしかありません

レバレッジ手数料が別途かかることがある

レバレッジ取引を行う時には、取引時に応じてレバレッジ手数料が設定されています。レバレッジ手数料は一律で発生するのか、それともかけるレバレッジの大きさによって変わってくるのかなど、実際に取引をスタートする前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

また、レバレッジ手数料が発生するタイミングにも気を付ける必要があります。発注を行った時に一度だけ支払うものなのか、それともポジションを保有している限り毎日支払う必要があるものなのかによって、最終的な利益率が大きく変化してくるのです。

仮想通貨海外取引所でのレバレッジ取引の流れ【Bybit編】

仮想通貨海外取引所 レバレッジ取引の流れ(Bybit編)

ここでは手数料の安さや取扱通貨の豊富さなど、総合的におすすめなBybit(バイビット)を例に、仮想通貨海外取引所でのレバレッジ取引の流れを説明します。

この記事を読みながら登録操作を進めましょう。

①Bybitで口座登録とレベル1の本人確認を完了させる

Bybit トップページ

Bybit のアカウントを持っていない方は登録を行います。

Bybitでは、2023年5月8日からすべての商品・サービスでのレベル1以上の本人確認が必須になりました。レバレッジ取引も例外ではないので、口座登録と同時に本人確認も済ませておきましょう

②取引したいペアの取引画面を開く

仮想通貨海外取引所 レバレッジ取引の流れ2

今回はBTCUSDTのペアで取引します。

BybitホームページTOP画面上部の「デリバティブ」「USDT無制限」の順にクリックし、BTCUSDTを選択しましょう。

③レバレッジを設定する

BTCUSDTを選択すると取引画面が開きます。

仮想通貨海外取引所 レバレッジ取引の流れ3-1

取引画面左側の赤枠内のタブをクリックすると、画面中央付近にレバレッジの選択画面が表示されます。

仮想通貨海外取引所 レバレッジ取引の流れ3-2

赤枠内をスライドさせて希望のレバレッジを設定し、確定ボタンをクリックしましょう。

④注文詳細や注文数量を設定して決済

仮想通貨海外取引所 レバレッジ取引の流れ3-3

注文詳細や注文価格/数量を入力したうえで、「買い/ロング」もしくは「売り/ショート」を選択します。

これでレバレッジ取引の注文は完了です。

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引での注意点

仮想通貨海外取引所 レバレッジ 注意点

海外仮想通貨取引所をはじめて利用する方は、以下の7つのポイントに注意しましょう。

外国業者でレバレッジ取引をする際の注意点

  1. 入金可能通貨に日本円が含まれているケースが少ない
  2. 仮想通貨の送金アドレス間違いに注意
  3. 海外取引所で利益を出しても日本に納税する必要がある
  4. 仮想通貨によって最大レバレッジ倍率が変わる
  5. 取引量が大きい場合はレバレッジ制限がかかる
  6. 価格変動が大きく損をするリスクもある
  7. レバレッジ手数料を考慮する

入金可能通貨に日本円が含まれているケースが少ない

海外仮想通貨取引所は基本的には日本円の入金を受け付けていません。そのため、他の対応している外貨に両替するか、国内の仮想通貨業者で仮想通貨を購入してから入金を行う必要があります

【仮想通貨を手に入れるやり方】

  1. 日本の仮想通貨業者に口座を作る
  2. 日本円を入金する
  3. 入金した資金でビットコインなど好きな仮想通貨を買う
  4. 仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金する

注意

日本円で仮想通貨を購入する場合、その時のレート状況によって手に入れられる量が変わります。

仮想通貨の送金アドレス間違いに注意

仮想通貨を他の取引所に送金する時には、その都度送金アドレスが発行されます。アドレスの文字列を間違えてしまうと送った仮想通貨は手元に戻って来ません

コピペするなど間違えのない方法で操作するか、表示されるQRコードを読み取って送金を行いましょう。

海外取引所で利益を出しても日本に納税する必要がある

海外取引所で利益が出た場合でも、日本に対して所得税を申告する義務がありますのでくれぐれも納め忘れのないようにしましょう。

仮想通貨トレードで得た儲けは雑所得として申請する必要があります。会社員の方なのか主婦の方なのかなど、自分の属性によっても税率は変わってくるので事前に確認しましょう。

仮想通貨によって最大レバレッジ倍率が変わる

取引所ごとのレバレッジ上限は、仮想通貨の銘柄によって異なる値が設定されている場合がほとんどです。例えばバイビットでは「BTC」と「ETH」が最大100倍で取引でき、他の仮想通貨は50倍や25倍に設定されています。

以下はバイビットの一部の仮想通貨の最大レバレッジです。

仮想通貨 最大レバレッジ
BTC 100倍
ETH 100倍
XRP 50倍
EOS 50倍
CHZ 25倍
SHUSHI 25倍

知名度の低いコインほど最大レバレッジが低く設定されている傾向になります。取引所によって仮想通貨ごとの最大レバレッジが異なるため、詳しくは取引所を確認してください。

取引量が大きい場合はレバレッジ制限がかかる

取引所によっては多額の仮想通貨をレバレッジ取引する場合に、最大レバレッジ倍率が下がることがあります。

ビットコインを100倍で取引できる取引所でも、価格によっては50倍や25倍に変動する場合があります。

価格変動が大きく損をするリスクもある

海外取引所の取引では多くのレバレッジをかけられる分、取引金額が大きくなりがちです。

大きな利益を得ることができる反面、損失も大きくなります。

ロスカットやゼロカットを頼りすぎず、自身で資金管理を行うようにしましょう。

レバレッジ手数料を考慮に入れる

レバレッジ手数料とは、仮想通貨を取引所に保有(ポジション保有)することに対してかかる、仮想通貨の保管費用のことです。

レバレッジ取引などで長期間保有する場合、見込まれる収益からレバレッジ手数料を差し引いてシミュレーションするのがおすすめです

仮想通貨海外取引所レバレッジのよくある質問

仮想通貨海外取引所 レバレッジ よくある質問

仮想通貨海外取引所のレバレッジ取引についてのよくある質問をまとめました。

海外取引所でのレバレッジ取引に挑戦する前に目を通しておきましょう。

仮想通貨海外取引で出た利益は申告しなくてもばれない?

仮想通貨取引で得た利益を故意に申告しなかった場合、所得税法違反により「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはこれらの両方」が課されます。

これは海外の仮想通貨取引所を利用した場合でも同様です。仮想通貨取引で得た利益は国内・海外を問わず必ず申告しましょう

仮想通貨海外取引所を日本人が使うのは違法じゃない?

日本人が海外の取引所を使うことは違法ではありません

一方で、日本の金融庁から警告を受けている海外取引所もあり、今後の状況次第では日本でのサービスが打ち切られるリスクもあります

海外取引所に資産を全額投資することは避け、余裕資金で取引するのが無難です。

仮想通貨海外取引所は日本円出金に対応していない?

日本円を出金できる海外取引所は基本的にありません。

日本円を出金する場合、海外取引所で出金した仮想通貨を国内取引所に入金したうえで日本円に換金する必要があります。

一方、Bybit(バイビット)でP2P取引を行うケースでは、日本円での入出金が可能です。

出金手数料を安く抑えたい方はBybit(バイビット)に登録してP2P取引を行いましょう。

海外仮想通貨取引所のレバレッジ取引所|まとめ

仮想通貨海外取引所 レバレッジ まとめ

海外仮想通貨取引所レバレッジ取引|要約

  • 海外取引所では国内取引所に比べて高いレバレッジをかけて取引できる
  • 国内業者にないゼロカットシステム採用により借金リスクが限定的
  • レバレッジ倍率で選ぶなら最大1,000倍の「FXGT」がおすすめ
  • 取引所選びでは手数料の安さや取扱通貨の豊富さも考慮するのがおすすめ
  • 総合的に見て最もおすすめな取引所はBybit(バイビット)
  • 最大レバレッジ100倍で、手数料が業界最低水準&日本語完全対応

レバレッジ規制が緩く、日本国内の業者に比べて圧倒的に高いレバレッジを掛けて取引できる海外仮想通貨取引所。

中でもFXGTでは最大1000倍までレバレッジをかけることができるので、少資金でも十分に利益を狙えます。

手数料、使い勝手、日本語対応など総合力の高い仮想通貨取引所を選びたい方は、Bybit(バイビット)がおすすめです。

どちらの業者も口座開設ボーナスキャンペーンを頻繁に開催しているため、まずは登録してボーナスを受け取ってみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次