公益社団法人日本精神保健福祉士協会 主催
厚生労働省「令和元年度依存症民間団体支援事業」(補助金事業)
「『アルコール健康障害・薬物依存症・いわゆるギャンブル等依存からの回復のための社会資源等の地域偏在にも対応しうる地域ネットワーク構築にむけたソーシャルワーク人材の養成』研修」

<事例検討型シンポジウム>
みるみる みえる 人の暮らしと依存症 Part2
〜確かなリカバリー支援と地域特性を生かしたネットワークのために〜

チラシ

開催案内チラシ ダウンロード(PDF/556KB)

本研修について

 

かねてよりアルコール関連問題はうつ病と並ぶ自殺に関連する重要な精神保健問題と見なされています。児童虐待・DVの背景に多様な依存症及び関連問題が重複する場合が少なくない実態も報告されています。覚せい剤取締法違反により刑務所に服役する者の増加の背景に、彼らの多くが薬物依存症に罹患しているにもかかわらず、その支援を担う専門医療機関を含む社会資源が圧倒的に不足または偏在している現実があります。
 パチンコ、パチスロ等々への耽溺をはじめとするギャンブル等依存は、拡大する生活格差、家族基盤の脆弱化、地域の繋がりを失う今日的状況を背景に、生活困難へと至らしめる看過できない実態があります。こうした深刻化する社会背景や地域社会の疲弊が続く中、ソーシャルワーカーの果たす役割はけして小さくはありません。

 本協会は、2016 年度からのプロジェクトチームを経て、2018 年度に委員会活動を本格化しました。2018年度は、宮城県、東京都、長野県、大阪府に出向いて行った地域特性に基づく支援アプローチやネットワーク構築に向けた課題整理を生かし、東京都と大阪府とで『みるみる・みえる・人の暮らしと依存症』研修を開催し、大盛況を博しました。
 「人の暮らしの中に棲む依存症を視覚化すること」、「アプローチをはじめることの基礎を学ぶ」を引き継ぐ2019年度は、さらに、山形県と福岡県に出向いた調査で獲得した知見をも盛り込み、2つのグループワークなどを含んでブラッシュアップした研修を、皆様の身近な地方で開催してまいります。
 「今は依存症支援には携わっていない…」という方にとっても、依存症に関する正しい理解と適切な支援方法を身につけることは、さらなるソーシャルワークの手がかりとなることでしょう。また、真摯にかかわることから見えてくる依存症支援の面白さを体験していただけるに違いありません。奮ってご参加ください。

プログラム(2会場共通)

時間   内容
10:00 25分 受付開始
10:25−10:30  5分 開講式・オリエンテーション
10:30−12:00 90分 講義「暮らしと依存症 〜みる・みえる・かかわるための基礎知識と技法」

講師:山本 由紀(上智社会福祉専門学校)
12:00−12:30 30分 グループワーク@

総合司会:[宮城会場]齊藤 健輔(東北会病院)
     [福岡会場]岡村 真紀(高嶺病院)
12:30−13:30 60分 休憩
13:30−16:00 150分 事例検討型シンポジウム「確かなリカバリー支援と地域特性を生かしたネットワークのために」

座長:山本 由紀(上智社会福祉専門学校)
シンポジスト:齊藤 健輔(東北会病院)
       佐古惠利子(リカバリハウスいちご)
       神田 知正(井之頭病院)
       加藤 雅江(杏林大学医学部付属病院)
       稗田 幸則(西脇病院)
回復者から支援者へのメッセージ:[宮城会場]吉田 光基(宮城県断酒会)
                [福岡会場]AAメンバー
16:00−17:00 60分 グループワークA

司会進行等:池戸 悦子(桶狭間病院藤田こころのケアセンター)
17:00 終了

会場・日程・申し込み締切 等

地域 日程 会場  申し込み締切  受講決定通知
メール送信
 参加費
入金期限 
宮城会場  2020年
1月12日(日)
TKPガーデンシティPREMIUM仙台東口

仙台市宮城野区榴岡3−4−1 アゼリアヒルズ10F
アクセス:JR「仙台駅」東口から徒歩5分、仙台市地下鉄東西線「宮城野通駅」北1出口から徒歩2分
 2019年
12月15日(日)
→12月22日(日)に延長しました。
2019年
12月18日(水)予定 
 2019年
12月25日(水)
福岡会場  2020年
2月2日(日) 
TKPカンファレンスシティ博多

福岡市博多区博多駅前3−19−5 博多石川ビル1F
アクセス:JR「博多駅」徒歩6分、福岡市地下鉄空港線「博多駅」徒歩6分  
 2020年
1月5日(日)
→1月13日(月・祝)に延長しました。
 2020年
1月8日(水)予定 
 2020年
1月20日(月) 

※入金先は申込後の自動返信メールにてお知らせします。入金期間が短くなっておりますのでお早めにご送金くださいますよう、ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

参加申し込みウェブフォーム

研修のお申し込みは、以下のウェブフォームから送信ください。
会場ごとにフォームが異なりますので、お間違えのないようご注意ください。

※本申し込みフォームは、セキュリティ機能SSLを採用している株式会社フューチャースピリッツの“フォームメーラー”サービスを利用しており、本協会ドメイン内URLとは異なるアドレスへ移動します。

申し込み概要

【対象】

本協会構成員
地域ネットワークを構築する関係専門職者
依存症関連問題の支援に関心のある専門職者
※すべてのプログラムを受講された参加者には修了証を発行いたします。

【参加費】

本協会構成員 3,000円
地域ネットワークを構築する関係専門職者/依存症関連問題の支援に関心のある専門職者 6,000円

【定員】

各会場60人(先着順になります)

【お申込み方法】

  1. 1.上記専用ウェブフォームよりお申込みください。その後のご案内のため、メールアドレスの入力が必須となっております。フォーム送信後、申込内容の控えと参加費の入金案内が自動返信されますので、内容をご確認のうえ、お早めに参加費をご送金ください。ウェブフォームからのお申し込みが困難な方は事務局までご連絡ください。
    (※office@japsw.or.jpのアドレスが受信できるように事前に設定しておいてください)
  2. 2.お申込み受付は、先着順となります。
  3. 3.定員の60人を超えた場合、ウェブフォームから申し込みができなくなります。申込後のキャンセルは、できる限り早めに必ず事務局へご連絡ください(TEL.03−5366−3152)。
  4. 4.申込内容に不備や不明点等があった場合には、事務局より別途ご連絡いたします。

【締め切り】

宮城会場:2019年12月15日(日) → 12月22日(日)に延長しました。
福岡会場:2020年1月5日(日) → 1月13日(月・祝)に延長しました。 ※当日中にフォームより送信完了した方まで受け付けます。

【受講決定】

郵送での受講決定通知送付はいたしません。参加申込時に入力いただいたメールアドレスへ、当日のご案内を送信いたします。

【変更・参加取消】

  1. 1.変更、取消の際は、事務局までご連絡ください。
  2. 2.当日、連絡をしない欠席は、絶対になさらないでください。特に、グループワークの準備をしておりますのでご理解、ご協力ください。
  3. 3.原則として、受講決定通知メール送信後の受講取消及び参加費のご返金はできません。参加費納入後の取消の場合は、研修終了後に当日資料を送付します。

【その他】

  1. 1.受講者名簿を作成します。名簿には受講者全員のお名前・都道府県名を掲載いたしますが、勤務先機関名の掲載の可否は申し込みフォームにてお知らせください。
  2. 2.本研修ではお弁当および宿泊のご用意はありません。
  3. 3.災害保険等は各自ご加入ください。
  4. 4.本研修は、生涯研修制度の課題別研修となります。

後援(予定)

一般社団法人日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会
公益社団法人日本医療社会福祉協会
公益社団法人日本社会福祉士会
特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会

問合せ先

公益社団法人日本精神保健福祉士協会(担当:小澤、露ア)
〒160-0015 東京都新宿区大京町23番地3 四谷オーキッドビル7階
TEL.03-5366-3152 FAX.03-5366-2993 E-mail:office@japsw.or.jp


公益社団法人日本精神保健福祉士協会トップページ